ダイエット

【ダイエッター向け】ダイエットにおすすめのプロテインの種類と選び方

この記事でわかること

  • プロテインには大きく3種類あるが、ホエイを選べばとりあえず良い
  • 継続するために味選びは大事
  • コスパを気にするならタンパク質の含有量を要チェック
  • 牛乳などの乳製品でお腹を壊しやすい人にはホエイのWPIがおすすめ
  • 女性にはソイ(大豆)プロテインもおすすめ

近年筋トレやフィットネスが流行し、運動やダイエットの効果を高めるためにプロテインを摂取している方が最近多いですよね。

普段飲んでいる人であれば選び方や自分に合ったものをすでに知っていると思いますが、プロテインを試したことがない人は種類も選び方もよくわからないですよね。

この記事では以下のことについて解説します。

  • プロテインの種類
  • 選び方のポイント
  • おすすめのプロテイン

 

プロテインとは?

プロテインとは英語でProtein、日本語ではタンパク質になります。

普段プロテインを飲まない方の中で「プロテイン=太る飲み物」「筋肉のつく魔法の粉」なんて思う方もいるかもしれませんが、ただのタンパク質なので安心してください。

肉や魚にもタンパク質は含まれていますので、その粉バージョンとでも思ってもらえればわかりやすいかもしれないです。

プロテインの種類とおすすめの飲み方

実はプロテインには大きく3種類ありますが、それがこちら。

プロテインの種類

  • ホエイプロテイン
  • カゼインプロテイン
  • ソイプロテイン

ホエイプロテイン(Whey Protein)

ホエイプロテインとは牛乳に含まれるタンパク質の一種です。

身近にあるものとしては、ヨーグルトの上の液体がホエイと呼ばれ、このホエイに含まれるタンパク質がホエイプロテインになります。

特徴

  • アミノ酸が豊富で筋肉修復効果が高い
  • 吸収が速い

おすすめの飲み方

  • 筋トレ直後
  • 部活動などで激しい運動した後
  • おやつの代わり(特にダイエット中)

 

ホエイプロテインには細かく分けるとWPCとWPIという2種類が売られており、それぞれ製法の違いになります。

WPC製法

原料となるホエイをフィルター処理し、ろ過された液体を濃縮する製法がWPC(Whey Protein Concentrate)です。

この製法ではホエイに含まれるビタミンやミネラルをなるべく残すことができる反面、乳糖が残りやすくなってしまうため、牛乳などの乳製品でお腹を壊しやすい乳糖不耐症の方はWPCのプロテインはおすすめできません

タンパク質含有量が約80%までのプロテインはこの製法がほとんどになっています。

WPI製法

WPI(Whey Protein Isolate)製法は、WPC製法で分離されたタンパク質をイオン交換をしてできるもので、簡単に言うとWPC製法で出来た液体からタンパク質以外を取り除きます

タンパク質以外が取り除かれるため、WPC製法よりも高濃度なプロテインが出来上がります。

ただ、WPC製法よりも手間がかかっているため、価格がWPCプロテインより高くなってしまいます

タンパク質含有量が90%あるプロテインはWPI製法になります。

 

カゼインプロテイン(Casein Protein)

カゼインプロテインはホエイプロテインと同じく牛乳を主成分とするプロテインです。

カゼインは生乳を構成するタンパク質の約80%を占めており、ホエイと違い吸収が遅いのが特徴です。

吸収時間は6時間程と言われています。

おすすめの飲み方

  • 就寝前
  • 次の食事まで3時間以上空いてしまうとき

ソイプロテイン

ソイプロテイン(Soy Protein)はその名の通り大豆が原料になっているプロテインです。

カゼイン同様吸収が遅いのが特徴です。

カゼインと違う点が、大豆にはイソフラボンが入っているので、女性に特におすすめです。

ホエイやカゼインに比べ溶けにくさが目立つので、ぬるま湯などでダマにならないように注意して作りましょう。

おすすめの飲み方

  • 就寝前
  • おやつ代わり
  • 食事間が長いときの繋ぎ

女性におすすめですが、とある研究結果では男性もホエイとソイプロテインを両方摂取することで、ホエイだけに比べて筋肉が増えやすくなることが報告されているので、運動する男性にもおすすめできます。

 

プロテインのおすすめの選び方

プロテインは毎日飲むわけではないとしても、買ったからには無くなるまで飲み続けるので味選びは非常に大事になります。

メーカーによって味が違うので、ネットなどで味選びはリサーチを必要があります。

個人的にはチョコレートはハズレは少なく、バニラは人工的な甘さの場合が多くおすすめがあまり出来ません。

種類

種類に関しては上でも書いた通り、ホエイ、カゼイン、ソイの3つがあるのでそれぞれ目的別で買った方が良いです。

普段筋トレや運動をしている人であればホエイ、お金に余裕がある人はカゼインも買ってタイミング別に摂取すると効果があるかと思います。

女性はイソフラボンを摂取する目的でソイプロテインも良いと思います。

ただ好みによってホエイでもOKです。

また 実はソイプロテインの摂取は男性にも効果的で、ホエイプロテインとソイプロテインの両方の摂取は筋肉量を多くすると研究結果も報告されています

タンパク質含有量

プロテインを買うことに慣れてない人が見落としがちなポイントがタンパク質含有量です。

プロテインは粉になっていますが、タンパク質含有量というのは、100グラムの粉の中に何グラムのタンパク質が入っているかというものを表しています。

例えばザバスだと70%〜75%ほど、多いメーカーだと80%あるいはそれ以上でものが入っているので選ぶ際にはしっかりチェックしましょう。

例えば

  • 3000円で1kgのプロテインを購入
  • 1杯あたり30gのタンパク質を摂取
  • タンパク質含有量を70%と80%で比較

70%の場合:43gのプロテインでタンパク質30g摂取が可能。1kgのプロテインでは23飲める。1杯あたり130

80%の場合:約37.5gのプロテインでタンパク質30g摂取が可能。1kgのプロテインで26.6飲める。1杯あたり112

その他の栄養素

タンパク質のほかにメーカーによって他の栄養素の量も異なります。

そこまでメーカ間で差はないですが、脂質、ビタミン、鉄分など若干量の差があるので、余裕があったらこの辺もチェックしましょう。

  1. 脂質は低い方が良い
  2. ビタミンはB6が多いと良い(ビタミンB6は筋肉増量に効果ある)
  3. 鉄分は多い方がよい(特に女性)

WPC・WPI製法

上で少し説明しましたが、ホエイプロテインにはWPCとWPIと言う製法があります。

WPCがメジャーなプロテインで価格も安いですが、牛乳などの乳製品でお腹を壊す方にとってはWPIを選ぶことで、お腹を壊すのを避けて飲むことができます。

WPCのプロテインには何も記載はないですが、WPIの場合はパッケージにWPI と書いてあるので、よく見て買いましょう。

もし何も書いていなくても、もしタンパク質の含有量が〜約80%ならWPC、約90%ならWPIなので参考にしてみてください。

おすすめのプロテイン

ホエイプロテイン(WPC)

チャンピオン(Champion)

※注意:Pure Wheyがおすすめのホエイプロテインです(Heavy Wheightは増量用で別なものなので、注意してください)

メーカー チャンピオン(Champion)
タンパク質含有量 約63%
容量 2.2kg
値段 約7200円

チャンピオンのホエイプロテインはタンパク質含有量が約63%と低いですが、味が美味しいので毎日継続へのモチベーションは上がります

僕は甘いものが好きなので、チョコレートブラウニー味は特に好きでごくごく飲んでました。

ただコスパは他メーカーに比べて悪いので、コスパ重視の方にはおすすめは出来ません。

おすすめの味

  • チョコレートブラウニー(ココアに近い味)
  • バナナクリームパイ(牛乳で割ると市販のバナナオレに近い味が再現可能)

ALLMAX

メーカー オールマックス(ALLMAX)
タンパク質含有量 約70%
容量 2.27kg
値段 約5000円

ALLMAXは約70%のタンパク質含有量があり、2.27kgで約5000円とコスパが良いプロテインです。

特徴はプロテインの溶けやすさで、ダマにならずにすっと溶けてくれるので、飲むときに口当たりに不快感は特にないです。

味も美味しいので毎日継続の点も◎です。

おすすめの味

  • フレンチバニラ(ミルクセーキを再現)
  • ストロベリー(牛乳で割ると市販のイチゴオレに近い味)

マイプロテイン(Myprotein)

メーカー マイプロテイン(Myprotein)
タンパク質含有量 約80%
容量 1kg、2.5kg、5kg
値段 1kg:約3000円

2.5kg:約7000円

5kg:約12000円

※アマゾン・楽天市場での値段

個人的に1番おすすめなのがマイプロテインです。タンパク質含有量がどのフレーバーも80%前後入っていて、コスパが最強です。

味の種類も80種類以上あり、いろんな味を堪能できます。

アマゾンや楽天市場での値段は上の表に書いた通りですが、マイプロテインの公式サイトで買うと最大約50%OFFで購入することが可能です。

8500円以上購入しないと送料無料にはならないですが、大量購入する方には最強のメーカーです。

過去記事にマイプロテインについてまとめているので、詳しくはこちらからどうぞ。

参考ダイエットにはマイプロテインのプロテインがおすすめ【コスパ最強】

続きを見る

おすすめの味

  • ストロベリークリーム(牛乳で割るといちごオレそのまま)
  • 北海道ミルク(濃厚なミルク)
  • ティラミス(ティラミスをそのまま飲み物にしたイメージ)

ビーレジェンド(be LEGEND)

メーカー ビーレジェンド(be LEGEND)
タンパク質含有量 約70%
容量 1kg
値段 約4000円

ビーレジェンドは国産のプロテインメーカーです。

海外ブランドと違い、少々値段は高いのでコスパは△ですが、味はとてつもなく美味しいです。

味へのこだわりはもちろん、日本人の舌に合うものを研究して作られているので、毎日継続はしたくなる味を体験できます。

日本の有名フィジーカーやボディビルダーが所属しているマッチョ29という団体も宣伝していたので、期待できるプロテインです。

僕も初めて飲んだときにはその味に驚きました。

おすすめの味

  • そんなバナナ味
  • チョコレート
  • ピーチ

ゴールドスタンダード(GOLD STANDARD)

メーカー ゴールドスタンダード(GOLD STANDARD)
タンパク質含有量 約80%
容量 907g、2.27kg
値段 約4700円〜約8000円

ゴールドスタンダードはプロフィジーカーのカネキンさんも愛用しているプロテインです。

アメリカ産ではあるものの、他のアメリカ産プロテインに比べ味が非常に美味しく日本人の舌にも合う甘さで作られています。

2.2kgで約8000円なので若干値段は高いですが、タンパク質含有量が約80%もあるので1杯あたりの値段はそこまで高くないです。

初めてのプロテインを出す方はゴールドスタンダードが無難かなと思います。

おすすめの味

  • ダブルリッチチョコレート(これ一択)

ホエイプロテイン(WPI)

マイプロテイン(Myprotein)

メーカー マイプロテイン(Myprotein)
タンパク質含有量 約90%
容量 1kg、2.5kg、5kg
値段 1kg:約3500円

2.5kg:約8000円

5kg:約14000円

※アマゾン・楽天市場での値段

WPI製法のプロテインメーカーでもおすすめできるのがマイプロテインです。

味の種類の豊富さとコスパがやはり最強です。

レビューを見てみると、たまに「WPIじゃなくて普通のWPCのプロテインが届いた」という意見がいくつか見られたので、公式サイト楽天市場で買うのが良いかもしれません。

※注意:パッケージの表面に「ISOLATE」と書いてあるものだけがWPIです

おすすめの味

  • ナチュラルチョコレート
  • ノンフレーバー
  • チョコレートスムース

ビーレジェンド(be LEGEND)

メーカー ビーレジェンド(be LEGEND)
タンパク質含有量 約80%
容量 1kg
値段 約4800円

WPIのもう1つのおすすめは国産のビーレジェンドのプロテインです。

タンパク質含有量は80%とマイプロテインに比べ低いですが、WPCと同様溶けやすくて味がとてつもなく美味しいです。

WPCとWPIの値段が1000円程しか変わらないので、WPCだとお腹を壊す方にも手が出しやすい商品です。

おすすめの味

  • みんなの愛すココア
  • バナナんバナナんバーナーナー
  • 地中海レモン

カゼインプロテイン

マイプロテイン(Myprotein)

メーカー マイプロテイン(Myprotein)
タンパク質含有量 約80%
容量 1kg、2.5kg
値段 1kg:約4000円

2.5kg:約7000円

※アマゾン・楽天市場での値段

どのカテゴリーでもランクインしているので、もう説明は不要ですかね(笑)

マイプロテインからカゼインも出ており、タンパク質含有量は安定の約80%あります。

値段も他メーカーに比べても安く、公式サイトから割引コードを使って購入すれば恐らく1kgを2000円とかで買えます。

1つ残念な点として、味が4種類しか無いのでバリュエーションが少ないです。

おすすめの味

  • ノンフレーバー
  • チョコレート
  • ストロベリー

バニラは個人的に正直微妙でした。。。

ビーレジェンド(be LEGEND)

メーカー ビーレジェンド(be LEGEND)
タンパク質含有量 約75%
容量 1kg
値段 約4600円

WPCでも人気のあるビーレジェンドからもカゼインプロテインが発売されています。

ただ注意点が、ビーレジェンドの場合は純粋なカゼインプロテインではなく、ホエイとミックスされたプロテインになっています

ホエイにカゼインを9:1でミックスしているようで、ホエイとカゼインのメリット取りをした製法のようです。

カゼインには独特な匂いがあるのですが、ホエイと混ぜることで打ち消されて飲みやすくなっているのが特徴です。

味もビーレジェンドなので非常に美味しく、安心して飲めるプロテインです。

おすすめの味

  • いちごミルク
  • 大人のミルクティー

ソイプロテイン

ザバス(SAVAS)

メーカー ザバス(SAVAS)
タンパク質含有量 約71%
容量 945g、2.1kg
値段 約3500円、約7100円

サプリメントメーカーとして国内で有名なザバスから出ているソイプロテインは、タンパク質含有量はやや低いものの、ビタミンを豊富に含んでいて日本人に合った味に仕上がっています。

味はココアとミルクティーの2種類しか無いので選択肢は少ないですが、どちらも水で割って飲んでも美味しくできているので、毎日継続は男女問わず難なくできます。

溶けやすさも◎です。

おすすめの味

  • ココア
  • ミルクティー

ビーレジェンド(be LEGEND)

メーカー ビーレジェンド(be LEGEND)
タンパク質含有量 約70%
容量 1kg
値段 約4600円

ホエイプロテインやカゼインプロテインでもおすすめできるビーレジェンドのソイプロテインです。

おすすめポイントはなんと言っても「味」です。

ただプロテイン含有量は70%程であり価格も4600円ほどするので、コスパは正直悪くザバスの方がおすすめ度は上です。

おすすめの味

  • バナナラテ
  • よりそいココア
  • さっぱりヨーグルト

マイプロテイン(Myprotein)

メーカー マイプロテイン(Myprotein)
タンパク質含有量 約90%
容量 1kg
値段 約3000円

ソイプロテイン部門ではマイプロテインがダントツでおすすめです。

価格がザバスやビーレジェンドに比べ安いのに加え、タンパク質含有量は脅威の90%あり、業界トップの数字です。

アマゾンや楽天市場では容量に限りがありますが、公式サイトでは500g、1kg、2.5kgから選べます。

味の種類が少ないのが残念ですが、どれも美味しいのでコスパも含めると右に出るメーカーはないと思います。

おすすめの味

  • ソルティッドキャラメル
  • チョコレートスムーズ

まとめ:ダイエットにおすすめのプロテイン

プロテインには「ホエイ」「カゼイン」「ソイ」の3種類があり、飲むタイミングや体に合わせたプロテイン選びができると、効率よく普段の筋トレや運動の効果を高めることができます。

プロテインの種類ごとにおすすめのメーカーが違ってきますが、

  • マイプロテイン
  • ビーレジェンド

この2つのメーカーのものを買っておけば特に問題はないかと思います。

体に合ったプロテインを選んでダイエットや筋トレ効果を最大にしましょう!

-ダイエット

© 2022 Calblog Powered by AFFINGER5